借りる前に知っておきたい、カードローンをする際に注意したいことリスト

不用なお金は借りないようにする

カードローンを利用すると、銀行口座から預金を下ろすかのような感覚でお金を借りることができます。人に頭を下げたり、担保を用意する必要もありません。しかし、簡単にお金を借りられるからこそ、いろいろなことに注意しなければなりません。では、具体的にどういったことに注意しなければならないのでしょうか。
まず第一に、借りすぎないようにするということです。借りすぎるというのは、つまり、不用なお金は借りないということです。カードローンを使いすぎてしまう人は、カードローンとキャッシュカードを混同してしまうとよくいわれます。旅行やデートなどのイベントがあるたび、利用限度額までにはまだ余裕があるから、念のために少し引き出しておこうという気持ちで借り続けるのはやめましょう。必ず浪費へとつながり、やがて利用限度額に達し、別の貸金業者からの借り入れ、つまり多重債務に結びついてしまいます。

明細書を見て返済期日を確認する

次に、簡単な気持ちでカードローン会社に対して増枠申請をしないということが挙げられます。カードローンの利用限度額は人によって変わってきますが、100万円ぐらいまでになる可能性は十分あります。その状態で利用限度額に達するということは、借金が100万円あるということです。そこまで膨れ上がったら、限度額を増やしてさらなる借り入れを行うのではなく、どのように完済していくのかを真剣に考えた方がいいでしょう。
借り入れをしたときは、必ず明細書をチェックして返済期日を確認しておくのも大事です。銀行口座からの引き落としで返済するのでなければ、返済期日は月ごとに変わる可能性があるので、確認しないと滞納につながります。