初めての方必見!カードローンの利用方法

ちょっと足りないときの財布代わり

カードローンを利用するとお金を借りることができますが、お金を借りる方法はほかにもいろいろあります。たとえば、店舗を質屋に持っていって借りる、あるいは銀行へ行って融資を受けるといったものです。では、そういった様々な借り入れ方法と比べ、カードローンでお金を借りるということは、具体的にどのような差があり、どういった点で便利なのでしょうか。
まず、カードローンの特徴として挙げられるのが、担保不要、利用目的自由ということです。質屋のようにお金を借りる代わりに貴金属などを預ける必要はありませんし、マイカーローンなどのように、借りたお金の利用先を制限されることもあります。
そういった点で考えれば、旅行先や買い物などでお金がちょっと足りないときの財布代わりとしての使い方というのが、有効な利用方法といえるでしょう。

給料の前借り先という感じで使う

また、50万円、100万円といった、まとまった金額を借りることも可能です。マイカーローンなどの目的別ローンは、利率が低い分、審査が厳しくなります。そのため、申し込んでも通らない可能性もあります。そういう場合、どうしても購入機会を逃したくないのであれば、カードローンでまとまったお金を借りて支払いに充てるという方法もありでしょう。100万円借りる場合、利率の上限は年利15パーセントです。この利率は、クレジットカードのリボ払いの利率と大きく変わりません。
給料の前借りと同じような感じで使うという方法もあります。借り入れからしばらくの間、無利息期間が設けられているカードローンを使えば、給料日前の金銭的なピンチを簡単に脱出できる上に、利息がかからないので一切、損をせずに済みます。